総成カントリー倶楽部 募集詳細へ
ゴルフ会員権の千葉ゴルフ会 サイトマップ
会員権の千葉ゴルフ会
千葉ゴルフ会

ゴルフ会員権の千葉ゴルフ会 TOP >> ゴルフ会員権相場 or マップ検索 >> 房総カントリークラブ >> ゴルフ会員権NEWS

 
 
房総カントリークラブ
ゴルフ場詳細へ  
消費税改定に伴い平成26年4月1日以降の記事は税別表示となり別途消費税が発生いたします。

房総cc10月から新電力会社の電力を導入。 / 2016年9月20日

 

------------------------------------------------
電力の地産地消で千葉県の睦沢町が主体の会社から
------------------------------------------------

電力の自由化で電気の地産地消を目指す電力事業が、地方自治体等で進められている。千葉県では睦沢町が主体となった小規模の新電力会社が発足。ゴルフ場2ヵ所が新電力からの供給に切り替える予定となっている。

睦沢町に設立された新電力会社は、㈱CHIBAむつざわエナジー(睦沢町下之郷1650-1)。睦沢町が500万円、「パシフィックパワー㈱」が175万円、睦沢町商工会、関東天然瓦斯開発㈱、㈱千葉銀行、房総信用組合が各45万円が出資する会社で、代表取締役には睦沢町の市原武町長と電力小売事業等を支援、推進するパシフィックパワー㈱(東京都千代田区)の坂口裕志取締役が就任している。

新電力会社は、調達した電力を10月から町役場や小中学校3校、公民館等に供給。これら施設の年間電力代は約2400万円だが、新電力投入により約1割ほど安くなるという。

町の施設以外に町内のスーパー、ゴルフ場等にも供給する計画。ゴルフ場は、房総カントリークラブ房総ゴルフ場(36H)と系列の同CC大上ゴルフ場(18H)。町と違い電気代10%削減とはいかないようだが「地域協力にもなり、10月から供給を受けることにした」と説明している。

 

房総cc 来年より2年間、名変料減額キャンペーンを実施。 / 2015年10月22日

 


房総CCの名義書換料及び利用者変更料減額キャンペーンについて


(株)房総カントリークラブより


同クラブでは、2018年に同クラブ房総ゴルフ場東コースにおいて『日本プロゴルフ選手権大会』を開催することを記念して、名義書換料及び利用者変更料の減額キャンペー ンを実施します。詳細は下記のとおりです。

①キャンペーン期間
平成28年1月1日から平成29年12月31日まで(2年間)

②キャンペーン期間中の名義書換料

 
【通常料金】
 
【減額料金】
名義書換料(一般)
1,000,000円(税別)
500,000円(税別)
現利用者へ所有変更
500,000円(税別)
250,000円(税別)
相続・贈与(個人会員)
100,000円(税別)
50,000円(税別)
相続・贈与(10年以上在籍の個人)
100,000円(税別)
20,000円(税別)
利用者変更料
100,000円(税別)
50,000円(税別)

※請求の際は上記料金に消費税相当額を加算する。消費税率及び地方消費税率が改定された場合は、改定後の税率によるものとする。
※年会費は36,000円(税別)となる。ただし、既に入会している会員は平成32年より36,000円(税別)となる。
※現会員の年会費は現行通り26,000円(H27.11確認。)
※相続・贈与の適用範囲は、会員本人の配偶者、子及びその配偶者、孫及びその配偶者、会員本人の兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、会員本人の父母、会員本人の祖父母、配偶者の父母、配偶者の祖父母とする

質問Q&A (前回のキャンペーン時に調べた内容。)

Q現利用者様への所有変更と、利用者変更について。

A.1株券にはプレー権が付いている。(房総は株主会員制)
大体の人は自分をメンバー登録(自分:株主でメンバー)だが、自分以外の人(例えば息子とか)を1人登録出来る。(例:自分=株主、メンバー登録=息子。プレー権は息子なので自分はメンバーとしてプレーする事も競技に参加したりする事は出来ない。ただの株主。)この場合、利用者(プレー権をもっている人)は息子なのでその利用者を変更(息子から娘などに)するのが【利用者変更料】※法人の記名者変更も同様。
【現利用者様への所有変更】は上記の例えでいうと、自分は株主、メンバー登録は息子。の場合
株主を息子に変更、息子は株主でメンバーとなる。(例:自分=株主、メンバー登録=息子)→(例:自分=×、息子:株主でメンバー)



詳細は房総カントリークラブ、ゴルフ場ガイドへ
http://www.chibagolf-kai.com/course/other/h/bo-so-.html

 

 

房総カントリークラブの自己株式買受けについて。 / 2015年7月8日

 

房総カントリークラブの自己株式買受けについて

㈱房総カントリークラブより

同クラブでは、平成27年5月25日開催の第42回定時株主総会において承認した自己の株式(会員権)の取得の件について、同年6月15日開催の取締役会において下記のとおり実施することを決定しました。



1.取得する株式の種類 当社普通株式
2.取得する株式の数 700株
3.取得価額 1株あたり142,000円
4.取得総額 99,400,000円

5.応募受付期間

平成27年7月1日(水)~平成27年8月7日(金)
「株式の譲渡申込書」及び「売却代金振込指定書」は平成27年8月7日(金)必着とし、平成27年8月8日(土)以降に到着した場合は無効となるので注意すること。

6.応募要領

「株式の譲渡申込書」及び「売却代金振込指定書」に必要事項を記入・捺印の上、株券を同封し、返信用封筒で必ず書留郵便にて郵送すること。株券を同封しないと売却処理ができないので予め了承のこと。
また、相続等で名義書換をしていない当社株券を持っている方が売却を希望する場合は、「株式の譲渡申込書」提出前に必ず当社まで連絡のこと。

7.結果通知

申込期日において取得株式数(700株)を超えて譲渡の申し込みがあった場合は、その結果について通知する場合がある。

8.決済日及び決済方法

自己の株式の取得に係る決済は、平成27年9月10日(木)以降、速やかに実施する。売却代金の支払は、原則として株主本人の金融機関口座へ振込での対応とする。売却株券は6「応募要領」に記載したとおり、必ず同封すること。

9.その他の注意事項 

①譲渡申込数と保有株式数に違いがあった場合。
譲渡申込株数が、株主名簿上の保有株式数を超えている場合は、株主名簿上の保有株式数での申込受付となる。
②「株式の譲渡申込書」受付の締め切り時点で株券を郵送していない場合、その売却は原則無効とするので予め了承のこと。
なお、売却の無効が発生した場合でも、無効株数分の再買い付けは行わないので予め了承のこと。
③今回の譲渡の申し込みにあたっては、年会費の全納が必要である。
④この案内は当社株式の売却を強制するものではないので、申し込みにあたっては必ず内容を確認の上、株主自身で判断すること。

10.問合せ先 ㈱房総カントリークラブ会員管理担当(担当:中村様) TEL:0475-43-0111
11.書類請求先 ㈱房総カントリークラブ東京事務所  TEL:03-3275-1302



 

 

房総CC、定時株主総会で取締役の選任。 / 2014年6月18日

 

房総CC房総G場及び大上G場を経営する㈱房総カントリークラブ(山村章夫社長)は、5月27日開催の定時株主総会で取締役の選任を行い、房総G場・大上G場の取締役支配人に加藤隆彦営業部長が就任した。

 

H26年4月1日~6月30日迄 :「名変料減額キャンペーン」名変料半額。 / 2014年4月1日

 


房総カントリークラブは、H26年4月1日~6月30日迄の3ヶ月間限定で名変料を値下げする。

正会員(一般譲渡) 1,000,000円(税別) 500,000円(税別)
正会員(相続・贈与)  100,000円(税別) 50,000円(税別) ※三親等内
正会員(相続・贈与)  100,000円(税別) 20,000円(税別) ※10年以上保有者

 

房総cc圏央道の新IC開通もあり名変料減額。 / 2013年3月1日

 

---------------------------------------------
3月1日~6月30日迄の4ヶ月、半額・一部半額以下
---------------------------------------------

株主会員制の房総カントリークラブ(計54ホール)は、3月1日から6月30日までの4ヶ月間、
名変料半額キャンペーンを行う。

キャンペーン実施理由について、同CCでは「会員の高齢化とともに会員の来場者数が減少したため」と説明。新規入会会員で、会員の来場者の増加を期待している。
また、圏央道が千葉東金道とつながり、4月に開通する茂原長南IC、市原鶴舞ICのどちらからも、約14キロ、車で15分ほどとなり、現在(木更津東ICから約32キロ、約45分)と比べるとアクセスが格段に向上することから、この機にあわせて新入会者を確保してクラブの活性化を目指す。

圏央道開通記念キャンペーン / 平成25年3月1日~平成25年6月30日   (税込) 
種別
通常
キャンペーン期間中
通常(一般・第3者)
1,050,000円
525,000円
現利用者様への所有変更
525,000円
262,500円
相続・贈与
105,000円
52,500円
相続・贈与(10年以上会員)
105,000円
21,000円
利用者変更
105,000円
52,500円
*このキャンペーンは株主会員権に限定。名変料割引きに付き追加規定書類はなし。


質問Q&A 

Q現利用者様への所有変更って何だろう?通常の名変とは違うの?1番下の利用者変更とはどう違うの?思い、会員課に聞いてみました。

A.1株券にはプレー権が付いている。(房総は株主会員制)
大体の人は自分をメンバー登録(自分:株主でメンバー)だが、自分以外の人(例えば息子とか)を1人登録出来る。(例:自分=株主、メンバー登録=息子。プレー権は息子なので自分はメンバーとしてプレーする事も競技に参加したりする事は出来ない。ただの株主。)この場合、利用者(プレー権をもっている人)は息子なのでその利用者を変更(息子から娘などに)するのが【利用者変更料】※法人の記名者変更も同様。
【現利用者様への所有変更】は上記の例えでいうと、自分は株主、メンバー登録は息子。の場合
株主を息子に変更、息子は株主でメンバーとなる。(例:自分=株主、メンバー登録=息子)→(例:自分=×、息子:株主でメンバー)

利用者を登録する場合の範囲(平成26年4月1日現在)*追加
会員本人の配偶者、子及びその配偶者、孫及びその配偶者、会員本人の兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、会員本人の父母、会員本人の祖父母、配偶者の父母、配偶者の祖父母とする。

詳細は房総カントリークラブ、ゴルフ場ガイドへ
http://www.chibagolf-kai.com/course/other/h/bo-so-.html

 

房総cc計4327株を公開で買い付ける。 / 2010年2月19日

 

-----------------------------------------------
内977株がプレー権付きの株、買付株は消却手続中
株主会員の持株比率は、34%から42%にアップへ
目的のひとつである、会員権相場価格が復活する
-----------------------------------------------

株主会員制の房総カントリークラブ(房総ゴルフ場と大上ゴルフ場の計54ホール)は、プレー権付き株式を含め自己株式の公開買付けを行い、これに4327株が応じ、1月26日には各株主に株式の代金を支払った。

同CCはプレー権付き株式を含めた自己株式を1株当たり14万2000円で公開買付けを行い、昨年12月1日から同日28日まで申込みを受け付けた。
買付け先はグループの(株)明智ゴルフ倶楽部が所有する経営株やプレー権付き株式を1950株、同様に(株)可児ゴルフ倶楽部から1655株(両社合わせてプレー権付き株式は計255株)、それに一般の株主会員から722株の計4327株、金額にすると6億1443万円余を買い付けた。
また、買い付けた株式の内のプレー権付きは合計977株となった。プレー権付き株式を売却したのは、高齢によりプレーをしなくなった会員、それに会員権業者(約200株以上)などが目立ったという。

同CCが公開買付けを行う前に発行していたプレー権付き株式は5307株(=株主会員権口数)だったが、消却後の株式数は4393株に減少する。
これにより、同CCの持株比率は(株)明智GCと(株)可児GC、それに(株)笠間GCが各18%、株主会員(プレー権付き株式)が42%等となった。
これまでの会員の持株比率は34%だったので8ポイントのアップとなった。

同CCでは「会員権相場が立たず(相場表では”取引出合難”で額は明記されず)株主会員にご迷惑を掛けている。今回買い付けた株式の全株は消却手続中で、これにより株主会員の議決権の重みも増し、株主会員制クラブの地位も高まると考えている。」(山村社長)と語っている。

ちなみに、この公開買付けにより今年1月から相場価格が復活。
2月4日現在の関東会員権組合の会員権相場表では17万円の相場をつけている。
価格自体はまだ低いが、今回の措置が一定程度目的を達したといえる。

なお大上ゴルフ場は、昨年ベントワングリーン化を行い、今年はアプローチ練習場の増設を行っている。年間入場者数の実績は約13万人で、今年は13万5000人(18ホール換算で4万5000人)を目指している。

 

 

房総cc自己株式を取得して経営等を改善。 / 2009年12月14日

 

--------------------------------------------------------
最多4500株取得も、多くは明智GC所有の経営株会員権の相場対策で、
プレー権付の株式も一部取得へ。
買取価格は1株14万2000円、申込期限は12月28日。
--------------------------------------------------------


株主会員制の房総カントリークラブは、自己株式の取得を株主総会等で決め、12月からその手続きに入った。

同CCを経営する(株)房総カントリークラブは、普通株式を1万495株(内訳=プレー権付5370株で1株で正会員1口、経営株5125株)、劣後株式を4000株の計1万4495株を発行している。

今回、取得予定の株式は普通株式で4500株(最多取得株数)と株主会員等に案内している。
取得価格は1株当たり14万2000円で、取得総額は6億3900万円となる。
申込み期間は今年12月28日まで。

ちなみに、取得予定の株式のほとんどはグループの(株)明智ゴルフ倶楽部が所有する経営株。明智GCはプレー権付きの株式を含め3620株を所有しており、その内の3200株を(株)房総CCが取得する予定という。
この際に高齢によりプレーをしなくなった会員や、売却等を検討している会員に対して便宜を図るため、プレー権付の株式の取得も決めた。
房総CCは名義書換えに応じているが、会員権組合では相場表で“取引出合難”と表現しており、事実上会員権相場が立たない状態になっている。

同CCでは「相場が立たず会員に迷惑をかけている。そこで、取得価格を提示した。
また、プレー権付の株式をマックスで800株ほど取得するので会員も少なくなる。今回の措置で、一定程度の相場が立つのではないかと期待している」と説明している。

(株)房総CCの決算報告書では、平成21年2月期の売上高は15億7940万円余、純利益は4億5279万円余となっている。前年も売上高は15億7160万円余で、純利益は7億3585万円余と経営は順調。
なお、一部に預託金会員も在籍するが、その預託金総額は約8億円にとどまっているという。

 
   

当サイトにて使用されている画像・文章等すべての掲載物の著作権は株式会社千葉ゴルフ会に帰属します。
無断での転載・使用等を禁じます。(C)株式会社千葉ゴルフ会