ゴルフ会員権の千葉ゴルフ会 サイトマップ
会員権の千葉ゴルフ会
千葉ゴルフ会

ゴルフ会員権の千葉ゴルフ会 TOP >> ゴルフ会員権相場 or マップ検索 >> 京葉カントリー倶楽部 >> ゴルフ会員権NEWS

 
 
京葉カントリー倶楽部
ゴルフ場詳細へ
 

2016.12.15

 京葉CCの名義書換料 期間限定減額について。

 
 


京葉カントリー倶楽部の名義書換料 期間限定 減額について

京葉CCより

同倶楽部では、名義書換料を期間限定で減額します。詳細は下記のとおりです。


①実施:平成28年12月14日から平成29年2月28日まで(期間限定)


②名義書換料

 
【通常料金】
【期間限定料金】
個人正会員 / 56歳以上
1,200,000円(税別) → 600,000円 (税別) 
個人正会員 / 46歳以上55歳以下
1,000,000円(税別) → 600,000円 (税別) 
個人正会員 / 45歳以下
800,000円(税別) → 600,000円(税別) 

* 年齢は本人の「入会申請時点の満年齢」とする。
* 法人正会員の名義書換料は一律1,200,000円(税別)。


割引キャンペーンは個人の正会員のみ適用。法人入会や平日会員の割引はなし。/12.15確認


 京葉カントリー倶楽部のゴルフ場ガイドへ >>

 

 
 
2016.7.29

 京葉CCの名義書換料改定について。

 
 


京葉カントリー倶楽部の名義書換料改定について

京葉CCより

同倶楽部では、平成28年9月1日より法人正会員の名義書換料を改定します。
また、平成28年7月21日から同年10月31日までの期間限定で、名義書換料の減額キャンペーンを実施します。詳細は下記のとおりです。


①法人正会員の名義書換料改定(平成28年9月1日~)

 
【改定前】
【改定後】
法人正会員 / 56歳以上
1,200,000円(税別)
※変更なし
法人正会員 / 46歳以上55歳以下
1,000,000円(税別) → 1,200,000円 (税別) 
法人正会員 / 45歳以下
800,000円(税別) → 1,200,000円(税別) 

* 法人正会員の名義書換料を一律1,200,000円(税別)に改定する。
* 年齢は本人の「入会申請時点の満年齢」とする。





②名義書換料の期間限定減額キャンペーン(平成28年7月21日~同年10月31日 )

 
【通常料金】
【キャンペーン料金】
個人正会員 / 56歳以上
1,200,000円(税別)
※変更なし
個人正会員 / 46歳以上55歳以下
1,000,000円(税別) → 800,000円 (税別) 
個人正会員 / 45歳以下
800,000円(税別) → 600,000円(税別) 
法人正会員 買い増しに限り  
800,000円 (税別) 

* 新規法人が2口同時購入の際は、1口目が120万円(税別)(9月1日以降・それ以前は改定前の年齢別料金)、2口目が80万円(税別)となる。
* 年齢は本人の「入会申請時点の満年齢」とする。




 京葉カントリー倶楽部のゴルフ場ガイドへ >>

 

 
 
2015.8.7

 京葉CC 期間限定で名義書換料(一部該当)を減額。

 
 



京葉CCの名義書換料減額(期間限定)について

京葉カントリー倶楽部より


同倶楽部では、期間限定にて名義書換料を下記のとおり減額します。




①名義書換料の減額期間
平成27年8月6日から平成27年10月31日まで(期間限定)
※平成27年11月1日からは従前の金額に戻ります。

②名義書換料

 
【通常料金】
【減額料金】
個人・法人正会員 / 56歳以上
1,200,000円(税別)
※変更なし
個人・法人正会員 / 46歳以上55歳以下
1,000,000円(税別) → 900,000円 (税別) 
個人・法人正会員 / 45歳以下
800,000円(税別) → 700,000円(税別) 
正会員相続・継承
500,000円(税別)
※変更なし
法人正会員 登録者変更
800,000円(税別)
※変更なし
平日会員 
300,000円(税別)
※変更なし
平日会員 相続・継承
300,000円(税別)
※変更なし
<年齢について> 個人は本人の「入会申請時点の満年齢」とする。
法人は当初登録者本人の「入会申請時点の満年齢」とする。



 京葉カントリー倶楽部のゴルフ場ガイドへ >>

 

 
 
2015.3.12

 平成27年4月1日より平日会員権の名義書換料を改定(値上げ)。

 
 

京葉CCの名義書換料改定について

京葉CCより

同倶楽部では、平成27年4月1日より名義書換料を下記のとおり改定します。


【名義書換料】 (税別)    
① 個人・法人正会員 : 56歳以上
1,200,000円
※変更なし
② 個人・法人正会員 : 46歳以上55歳以下
1,000,000円
※変更なし
③ 個人・法人正会員 : 45歳以下
800,000円
※変更なし
④ 正会員 / 相続・継承
500,000円
※変更なし
⑤ 法人正会員登 / 録者変更
800,000円
※変更なし
⑥ 平日会員
100,000円→ 300,000円
⑦ 平日会員 / 相続・継承
30,000円→ 300,000円

※年齢:個人は本人の「入会申請時点の満年齢」とする。
法人は当初登録者本人の『入会申請時点の満年齢』とする。
※④から⑦は年齢による料金変動なし。

以上

 
 
2014.12.1

 平成26年12月1日、株主会員制から完全預託金会員制に移行。

 
 

株式会社京葉カントリークラブは、株式会社タキナミの完全子会社化するベく株式交換の手続きを行っております。 これにより12月1日以降、京葉カントリー倶楽部は完全預託金会員制の倶楽部へ移行いたします。

・現在、株主会員の方は『株券と預り証または預託金証書』の2枚の証券をお持ちです。その株券(㈱京葉カントリークラブの株式)を㈱タキナミの株式と交換することになります。
・株式の価値が同じではないので見合う形での交換となります。㈱京葉カントリークラブの株式20口で㈱タキナミの株式1口となりますが、大半の株主会員が1口~2口なので、端株となり買い取りになります。
・株主会員の方には株券を提出していただき、お手元の預託金を今後はプレー権としてお持ちいただくことになります。

追加 12/10(水)詳細記事追加。
----------------------------------
㈱タキナミが㈱京葉CCと株式交換、完全子会社化で
株主会員も預託金のみに、意思決定の迅速化と効率化
----------------------------------

京葉カントリー倶楽部(18ホール、千葉県千葉市若葉区多部田町802)を経営する㈱京葉カントリー倶楽部(瀧波貴之代表取締役、東京都墨田区太平1-17-6)は11月28日に臨時株主総会を開き、㈱タキナミ(代表・本社同)を完全親会社とする株式交換締結について可決し、12月1日付けで実施するとともに、同倶楽部は同日から完全預託金会員制に移行した。

株式交換は今年9月26日開催の両取締役会において決議。総会資料によれば、ゴルフ業界はバブル崩壊後の不況によって供給過多が続いているとし、そのような中、当グループは新規会員や来場者数の獲得、運営の効率化による経費削減を努めてきたが、さらなる効率化を図る上で、主要株主が70%超えの株式を保有することを鑑みると、当グループの完全子会社とすることで経営スピードの迅速化及び効率化が可能になると判断したという。

株式交換比率は、タキナミの1株に対して、京葉CCは0.053株。京葉CCの臨時株主総会では総株主数1151名(3338株)のうち、出席株主は491名。可決要件の3分の2以上の賛成で可決した。

瀧波社長によると、㈱タキナミは同ゴルフ場建設のため設立した会社で同CCの土地と株式を保有している。
26年8月期の売上高は地代収入と家賃収入を主として1億3百万円、当期利益は16万円を計上している。同期の資産合計は8億4327万8千円となっている。

今回の決定により、株主会員は京葉CCの株式20口で㈱タキナミの株式1口になるが、大半は1口ないし2口しか保有しておらず端株となり、1株価値(2740円)での買い取りになるという。同CC本社(TEL:03-3623-8000)では会員権名変の際も株券提出を案内している。

瀧波社長は今後について「コストカットもあって会社は前期が黒字で、今期も消費税値上げは響いたが黒字になりそうです。多額の費用がかかるコース改造計画は無期限延長します。預託金問題は高額ものが分割・延長や返金等でほぼ対処が終わり、後は20~40万円の額面が主流」と説明しており、着実に経営を健全化したい意向だ。

今回はタキナミグループで大多数の議決権を有していることから自ずと決定となったが、株主としての愛着や権利喪失への反発はやはりあったようだ。預託金会員は従来の株主会員の他に300名ほど在籍している。また会員の中には有志の会で活躍するメンバーもいて、会社側に以前から経営状況等の説明を求める意見もあった。

 
 
2014.8.20

 京葉cc会員課窓口変更・入会要項を一部変更。

 
 

■平成26年8月20日より会員課窓口を東京事務所からゴルフ場内に変更。

【新連絡先】
株式会社京葉カントリークラブ 会員課
〒265-0066 千葉県千葉市若葉区多部田町802
TEL:043-228-1531
FAX:043-228-5205

■入会要項の変更点

①入会条件の『推薦者』
【変更前】本倶楽部に原則5年以上在籍する会員(但し平日会員は除く)2名からの推薦を必要。
【変更後】本倶楽部に原則5年以上在籍する会員(但し平日会員は除く)1名からの推薦を必要。

②事前審査書類
【変更前】推薦書2枚(規定紙)
【変更後】推薦書1枚(規定紙)※相続又は継承の場合・・・推薦書は不要。

③書類の提出先
【変更前】東京事務所へ提出 。
【変更後】ゴルフ場会員課へ提出 。

 
 
2014.6.30

 京葉ccの名義書換料改定ならびに年会費の継承について。

 
 

京葉ccの名義書換料改定ならびに年会費の継承について

同倶楽部では、平成26年9月1日より名義書換料を下記の通り改定。
また、同日より年会費の継承も認める。

①名義書換料
改定前
改定後
個人・法人正会員:56歳 以上
100万
120万
個人・法人正会員:46歳 以上 55歳以下
80万
100万
個人・法人正会員:54歳 以下
60万
80万
*年齢 : 個人は本人、法人は当初登録者本人の「入会申請時点の満年齢」
正会員 相続・継承
50万 ※変更なし
法人正会員 登録者変更
80万 ※変更なし
平日会員
10万 ※変更なし
平日会員 相続・継承
3万 ※変更なし


②年会費の継承
【変更前】年会費は継承不可(譲渡人は1年分・入会者は月割り)
【変更後】年会費は継承可。

 
 
2013.7.1

 京葉CC、7月1日より名義書換料値下改定。

 
 

【名義書換料値下改定実施日】

  平成25年7月1日より

【名義書換料改定料金】 ※1名につき(税込)

■名義書換料
正会員(個人・法人) 56歳以上:1,050,000円/値下前:1,575,000円
正会員(個人・法人) 46歳以上56歳未満 : 840,000円/値下前:1,575,000円
正会員(個人・法人) 46歳未満 : 630,000円 / 値下前 : 1,575,000円

平日会員         105,000円 / 値下前:525,000円

※年齢について
個 人 … 本人の『入会申請時点における満年齢』とする。
法 人 … 当初登録者本人の『入会申請時点における満年齢』とする。

          
■相続・継承。
正 会 員:525,000円 / 値下前:1,050,000円
平日会員: 31,500円 / 値下前: 367,500円

■法人正会員 登録者変更 840,000円 ※改定なし

 

 
 
2012.9.3

 「新規会員様ご入会キャンペーン」更に値下げして、期間延長。

 
 

株式会社京葉カントリークラブより。

現在実施している『新会員様ご入会キャンペーン』を、名義書換料を更に値下げして下記のとおり延長します。

【新規会員様ご入会キャンペーン延長期間】 
平成24年9月1日~平成25年4月30日まで

【正会員名義書換料】 ※1名につき
・個人・法人 735,000円(税込) / 通常料金 : 1,575,000円(税込)
・相続・継承 525,000円(税込) / 通常料金 : 1,050,000円(税込)
・法人登録者変更 840,000円(税込) / キャンペーン対象外

【ご 注 意】
キャンペーン対象は「正会員」のみで、平日会員は対象外。

 
 
2012.4.27

 京葉CC、名変料割引き期間延長。

 
 

京葉カントリー倶楽部は1月1日から4月30日までとして開始した正会員の「新規会員様ご入会キャンペーン」を今年8月31日まで延長する。
キャンペーン期間の正会員の名変料は、第三者譲渡89万2500円(税込、正規名変料157万5000円)。相続・継承63万円(税込み、正規105万円)。
正会員の同一法人内84万円、平日会員の譲渡52万5000円はともに正規料金。

 
 
2012.4.5

 京葉cc200万円他で女性会員を計5名募集。

 
 

-------------------------------------------------------
預託金付きの正会員200万円、募集開始は4月1日。
預託金ナシで譲渡不可89.25万円+正会員権1枚購入。
-------------------------------------------------------

京葉カントリー倶楽部(千葉県千葉市若葉区多部田町802)は、4月1日から女性会員の募集を開始した。

正会員とプレー会員(預託金ゼロで譲渡不可)の2種類から選択。補充募集のため定員は計5名と極めて少ない。

また、同CCは女性の入会は女性からの譲渡のみに制限しており、女性が保有する会員権はプレミアムがついている。

正会員での入会は、募集金額が200万円(入会金195万円=税込、預託金5万円=15年据置き)で譲渡・相続を受け付ける。

プレー会員は、手続きが多少複雑になっている。入会を申し込んで同CCの入会審査を受け、入会が承認された後に市場で男性保有の個人正会員権を調達し、同CCに提出。
それとともに、入会金(証書登録発行手数料)として89万2500円(税込)を支払えばプレー会員となれる。ただし、女性という制限の他に、「配偶者が同CC会員ないしは入会承認を受けている」という制限がある。正会員と異なる点は、預託金ゼロと譲渡不可だけ。会員等からの希望を受け入れて、このような入会システムを採用したとしている。

定員の5名をオーバーして入会申込みがあった場合は抽選。年会費は両会員とも同じで8万4000円。正会員数は昨年4月時点で1410名、内女性が66名という。
今回の募集は1次募集としており、2次募集も検討中としている。
なお、募集期間中も名義書換えは受け付ける。

【新規女性会員募集期間】
1) 平成24年4月 1日から募集口数満了まで
2) 平成24年6月30日まで
3) 1)か2)の何れか早いほう
 
 
2011.12.5

 京葉cc来年より新規会員様ご入会キャンペーン開始。

 
 

京葉カントリー倶楽部は正会員の入会金(名変料)に関する「会員様紹介入会キャンペーン」を12月31日をもって終了し、来年の1月1日から4月30日まで「新規会員様ご入会キャンペーン」を開始する。

1月から開始するキャンペーンは、第三者譲渡の名変料を消費税込みで
89・25万円(現行78・75万円、正規名変料157・5万円)、
相続・承継63万円(現行52・5万円、正規105万円)とし、
同一法人内は正規料金の84万円(現行78・75万円)にする。

また、5月1日から8月31日までは第三者譲渡を105万円、相続・承継78・75万円で、同一法人内は正規料金で同じとの事。

 
 
2011.5.20

 京葉カントリー倶楽部 名義書換料値下げキャンペーンを実施。

 
 

【キャンペーン実施期間】
平成23年5月20日~同年8月31日迄 12月31日迄。

【名義書換料キャンペーン料金】 
正 会 員(個人・法人)      通常 : 1,575,000円(税込)  →  787,500円(税込)
---------------------------------------------------------------------------
正 会 員(相続・継承)      通常 : 1,050,000円(税込)  →  525,000円(税込)
正 会 員(法人登録者変更)  通常 :   840,000円(税込)  →  787,500円(税込)

※注意 … キャンペーン対象は正会員のみ、平日会員は対象外です 。

H23.9月情報追加
会員課に確認した所、値下げキャンペーンは12月31日まで期間延長。との事です。

 
 
2011.3.4

 京葉CC5月の日曜日、スルーを試験的に導入。

 
 

会員制の京葉カントリー倶楽部は5月の日曜日の延べ5日間、試験的にスループレーを実施する。

スタート時間はアウト・イン共に午前の部が午前7時~9時6分、午後の部が午前11時45分~午後1時2分のスタートとなる。
午前はキャディ付きプレーで、午後はキャディ付きまたはセルフ(会員同伴が条件)となる。
5月8日と22日は昼食込みのプレー料金、他3日間は食事別の料金設定で、ビジターのプレー料金は午前は従来通り(食事別で2万7765円、食事付きで2万8815円)だが、午後はそれぞれ4000円引きとなる。
昼食付きは午前の部はホールアウト後に、午後の部はスタート前に食事をとる。

1日の受入組数は最大で通常より8組多い62組となる。
もっとも、同CCでは「組数を増やすことが目的でなく、トーナメントや外国のプレースタイルは18ホールのスルーが基本。本来のスタイルを採り入れられるかどうかを検証するため、実施することにした」と説明している。

関東地区でも、期間限定、曜日限定、スタート時間限定、曜日限定でスループレーを導入するゴルフ場が多くなっており、千葉県の場合は、千葉国際CCが4月2日から9月11日までの土・日祝日の期間限定で初めてスループレーを導入(竹コース18ホ-ルは通常プレー)。
デイスターGCも月曜セルフデーに、キャメルGRは来場者の希望で、千葉CC川間コースやイーグルレイクGCは冬季間を除きスタート時間の一部にという具合だ。PGM、アコーディアなど大手ゴルフ場企業もスルーを導入しているコースが多い。

もっとも、関東地区で平成8年と早い時期から冬季間を除く土・日祝日を中心にして、本格的にスループレーを導入したGMG八王子G場は、昨年から通常営業に切り替えた。
同G場では、「午前と午後の2部制のスタートにしていたが、午後の利用者が少ないこと、従業員の拘束時間が長くなること、レストランの売上げにも影響があることなどから通常プレーに戻した」と説明している。

京葉CCのチャレンジで、どのような結果が出るか注目されるところだ。

 
 
2009.12.11

 名義書換料改定。

 
 

京葉CC平日会員の名変料を値下げ

京葉CCは、12月11日から平日会員(個人のみ)の名変料を値下げ改定した。
新名変料は従来の半額にあたる52.5万円(税込)で、
相続は36.75万円になった。

同CCは倶楽部の活性化や会員権相場アップ等を目的に名変料を8月1日に値下げ。しかし効果が薄かったことから再度の値下げ改定となった。

 
 
2009.7.27

 名義書換料改定。

 
 

京葉CC8月から名変料改定

開場50周年キャンペーンで名変料を値下げしていた京葉CCは、値下げ期間を7月30日で終了し、8月1日から新名変料に改定する。

名変料はキャンペーン中、正会員126万円(キャンペーン前189万円)、相続105万円(132.3万円)だったが、新名変料は正会員157.5万円と平成19年5月以前の名変料まで戻し、同相続は105万円とキャンペーン価格を新名変料とした。

また平日会員についてはキャンペーン対象外だったが、132万円を105万円に改定、相続は84万円を72.5万円に値下げした。法人会員の登録者変更は84万円で変更なし。

 
 
2009.1.16

 開場50周年キャンペーン名義書換料値下げ。

 
 

京葉CC開場50年記念で名変料減額

京葉カントリー倶楽部は、今年12月3日に開場50周年を迎えることを記念して、1月20日から4月20日までの3ヶ月間の期間限定で名変料を値下げする。

新名変料は、税込みで正会員が126万円(現行189万円)、相続が105万円(132.3万円)となる。

なお、同一法人内(84万円)、平日会員(126万円)の名変料は従来通り。

 
 


当サイトにて使用されている画像・文章等すべての掲載物の著作権は株式会社千葉ゴルフ会に帰属します。
無断での転載・使用等を禁じます。(C)株式会社千葉ゴルフ会